1. HOME
  2. ほっとけないを原点に挑戦し続ける。ー宇都宮大学/笹原尚人さんー
庭で微笑む笹原さん

ほっとけないを原点に挑戦し続ける。ー宇都宮大学/笹原尚人さんー

今回インタビューをした笹原尚人さんは宇都宮のグルメを発信する「みやメシ応援隊」や起業家創出プロジェクトなどの活動を行っています。積極的に活動を続ける根底にあるのは「ほっとけない」という気持ち。その気持ちをいつまでも持ち続け、活動する様子を伺いました。

プロフィール

笹原尚人
宇都宮大学・4年
海外を旅し、その影響からNGOでのインターンを始めたが、コロナにより帰国。何かをしなければならないというときに、大好きな飲食店がつぶれるという経験をし、宇都宮の飲食店を応援したい思いから、「みやメシ応援隊」を立ち上げる。現在休学中。

みやメシ応援隊を法人化したい

現在活動しているみやメシ応援隊を法人化することが短期的な目標です。
昨今の状況で厳しい状況に陥っているお店が昼営業を辞めたり、当面休業を決めたりしていることに問題意識を持ち、「テイクアウト」できる飲食店を紹介し始めたことがみやメシ応援隊の活動のスタートでした。現在はInstagramやホームページで宇都宮市内の飲食店を紹介し、グルメからまちの魅力を発信しています。

愛されるまちになってほしい

活動の根底にあるのは、まち全体がもっと愛される場所になってほしいという願いです。活動の当初は、「テイクアウト」という手段を普及させることで、お店の苦しい状況を救いたいという思いが第一にありました。でも今は、まちを好きになるひとを増やしたいという思いが強いです。

みやメシ応援隊の活動を始めて、「たくさんの素敵な飲食店がある宇都宮」というまちがさらに好きになりました。住みやすいし、魅力的な飲食店がたくさんあるまちです。一方で「栃木には何もない。」というような言う人が多く、内外の栃木への愛着は低い印象があります。

そのギャップがあるのは情報発信が適切ではないからだと考えています。まちの良さをセンス良く発信することで、まちに愛着を持ちやすくなるのではないのでしょうか。グルメの魅力を最適に発信し、まちを好きになってくれたらと思います。特に若者から栃木、宇都宮がもっと愛されるようになったら嬉しいです。

みやメシ応援隊のメンバー
みやメシ応援隊の主な活動メンバー=本人提供

「弱いものを放っておけない」という気持ちもあるのだと思います。自分の出身である茨城県や、現在住んでいる栃木県は、人口流出や高齢者率という面で見ると、あまり元気がないと言えます。そのような元気がないまちのことをほっとけないです。まちに元気がないことと、まちに愛着が持たれていないことは繋がっている気がしています。なので、できるだけそのまちに愛着を持つ人を増やし、元気のあるまちになってほしいです。

海外で感じた日本とのギャップ

旅が好きで、大学生になってから海外旅行を10回ほどしました。その中で、現地の物乞いをする子供たちと出会う機会があり、旅行者という自分の立場と、物乞いをする現地の人という立場に嫌なギャップを感じました。日本という明日の生活が保障されている環境に帰ってきたときに、日本はいいなと思いましたが、あの物乞いをしていた子供は今日どうしているのかなと考えるんです。

現地の人にも格差があって、物乞いをしなくても生活ができる普通の人もいます。そのような普通の人たちは物乞いに見向きもしないような様子が広がっていました。そのため、親がいなかったり、働いていなかったりしていて、自分でお金を稼ぐしかない子供たちは孤立しつつあります。日本では学校に行って、勉強できて、将来の目標や野望を抱くことができている子供がいます。でも現地の子供たちはそんな日本人の子供が当たり前にできるようなことすらできていません。「学校に行けるようになる。物乞いをしなくて済む。貧しい生活から脱する。最低限、子供らしい生活ができるようにしてほしい。」そのように願っています。日本と海外とのギャップを忘れずにいたいですし、いつかは絶対に現地に良いインパクトを与えたいと思っています。

インタビューを受ける笹原さん
インタビューを受ける笹原さん=2020年11月、栃木県宇都宮市、森谷真依撮影

いつか自分で海外の課題を解決できるように

考えてみると「海外へのインパクトをいつか与えたい」という気持ちが一番のモチベーションなのかもしれません。何もせずに、のんびりと暮らすこともできるとは思いますが、のんびり過ごしていても、ふと物乞いのいたあの社会を思い出して、ほっとけないから動きたいという気持ちが起こります。今はまだ自分にインパクトを起こす力をいつか自分が海外にインパクトを与えるため、今、日本で少しでもやれることをやっていきたいです。

とりあえず今はみやメシを事業化して活動していき、食を通じて自分の町の魅力に気づいてもらえるようなサービスを展開していこうと思います。

áretでの笹原さん
笹原さん=2020年11月、栃木県宇都宮市、森谷真依撮影