1. HOME
  2. 終了したイベント・プログラム
  3. しもつけクエストSTAGE3『地域×若者 自分たちでつくる面白いまち』
終了したイベント・プログラム

しもつけクエストSTAGE3『地域×若者 自分たちでつくる面白いまち』

終了したイベント・プログラム

\武器と仲間を手に入れて、自分の冒険をはじめよう!/

しもつけクエストは、下野市の暮らしを彩る様々な『ひと・もの・こと』に出会い、活かしあうことで、自分たちの手でまちを面白くしていくプログラム。「面白いことに関わりたい!」「地域づくりに興味がある!」といった方たちの最初の1歩を応援しています🌱

これまでは、下野市で素敵な取り組みをされている方をゲストにお招きしたイベントや、ひととひとをつなぐ役割を担う地域コーディネーターを養成するセミナーを実施してきました。第3回目となる今回は、『地域×若者』をキーワードにしたオンライントークイベントになります。

下野市では、地域の歴史や文化・農作物などを活かした新しいコンテンツなど、大人たちによる面白い取り組みがたくさん生まれている一方、多くの若者は高校卒業を契機に、他地域への進学や就職のため、このまちから離れていきます。

地域の面白さを知る機会や魅力的な人々との出会いを学生時代に持つことができたら、若者にとっての下野市の存在がより大きくなるのではないかと、下野市では高校生とのまちづくり事業がはじまっています。

今回のゲストであるNPO法人河原部社の西田 遥(にしだ はるか)さんは、山梨県韮崎市で中高生にとっての家でも学校でもない居場所『ミアキス』や、「もっと、ずっと、じもと。」をコンセプトに“韮崎にルーツを持つ若者” と韮崎をつなげるローカルメディア『にらレバ』などの運営を行っています。

コーディネートをつとめるのは、下野市地域おこし協力隊として高校生とのまちづくり事業に取り組んでいる鈴木 祐磨(すずき ゆうま)さん

韮崎市での取り組みから、下野市での「地域×若者」の実践について考える時間となります。それぞれの想いや地域の現状なども赤裸々にお話いただく予定です。参加者のみなさんとの意見交換タイムも設けますので、この機会にぜひご参加ください🙌✨

プログラム内容

① イントロダクション
・趣旨説明
・アイスブレイク等

② キートーク
『地域×若者 〜親でも先生でもない、信頼できる「第3の大人」〜』
 ゲスト:西田 遥さん(NPO法人河原部社 理事長、一般社団法人シタクビト 共同代表)

③ トークセッション
 ゲストとの「地域×若者」をテーマにしたセッション
 トークナビゲーター:鈴木 祐磨さん(下野市地域おこし協力隊)

④ クロージング

ゲスト

NPO法人河原部社 理事長・一般社団法人シタクビト 共同代表 
西田 遥(にしだ はるか)さん

1991年山梨県韮崎市生まれ。山梨大にて野外教育を学ぶ傍ら、国内外ヒッチハイクの旅や学生活動に注力していた。現在はプロジェクトデザインを生業とする『一般社団法人シタクビト』、韮崎市で中高生と社会との交差を生み出す『NPO法人河原部社』、全員複業型で仕事を通して暮らしを作っていく『合同会社Hudan(フダン)』という3つの会社を運営している。大学時代から山梨県で活動し、自分を取り巻く身近な社会の構造を分析して必要なところに事業提案し、仕事を生み出している。『NPO法人河原部社』にて、2021年度地域再生大賞を受賞。

コーディネーター

下野市地域おこし協力隊
鈴木 祐磨(すずき ゆうま)さん

1994年生まれ。千葉県四街道市のベッドタウンにて小・中・高・大と育つ。2020年7月より地域おこし協力隊として下野市へ。まちとひとをつなげる場作りを行うため、『シモツケ大学』や高校生を対象にしたワークショップを担当。次の動きとして若者と地域をつなげる仕掛けをつくることを妄想している。趣味はスポーツ枕投げ。

こんな人におすすめ!

・若者による地域づくりについて知りたい!
・地域のことが気になる!もっと知りたい!
・ローカルアクションやソーシャルグッドな取り組みが知りたい!
・下野市で面白いことをやってみたい!

日時

2022年3月10日(木) 19:00~21:00

場所

Zoom
※事前申込制
※定員30名程度

参加費

無料

主催:下野市総合政策課
協力:下野市地域おこし協力隊
問い合わせ先/事務局:NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク
〒320-0862 栃木県宇都宮市西原1丁目3-4 aret
Mail: ysn_office@tochigi-ysn.net
Tel::028-612-1575