1. HOME
  2. とちぎのシゴト
  3. 〈求人〉まあるく、すべての人に愛されるドーナツを。ドーナツを通じて、新しい文化と日常のわくわくをお届けするdough-doughnuts(ドー・ドーナツ)とは?
とちぎのシゴト

〈求人〉まあるく、すべての人に愛されるドーナツを。ドーナツを通じて、新しい文化と日常のわくわくをお届けするdough-doughnuts(ドー・ドーナツ)とは?

とちぎのシゴト

みなさんは、日常の中で「ちょっと疲れたな」と感じる時、「甘いものが欲しい!」と思った経験はありますか?

この記事を書いているライターの森谷は、毎日のように甘いスイーツを体が欲しています(笑)。

でも欲しくなるのは、その日が特別な日だからではなく、頑張っている何気ない日々だからこそ

そんな日々にちょっとした驚きとわくわくをプラスしようと、東武宇都宮駅からほど近い商店街「もみじ通り」の一角で少し変わったドーナツを販売しているお店がありました。

名前は「dough-doughnuts(ドー・ドーナツ)」(※ちなみに“ドー”は生地という意味であり、“ドー・ドーナツ”=“生地にこだわっているドーナツ”という意味だそう)。テイクアウトショップの他、オリジナルスイーツやドリンクが楽しめる姉妹店のカフェ「dough-doughnuts cafe」も運営しており、なんと1日に100人を超えるお客さんが来店するそう…!

そんな人気店dough-doughnutsでは、現在、一緒にお店をより楽しく、より面白くしてくれる仲間を募集しています。

一体、dough-doughnutsとはどのようなお店なのでしょうか。

今回、オーナーの石田 友利江(いしだ ゆりえ)さん、現役社員の桐花 春華(きりはな はるか)さんにお話を伺ってきました!

古い商店街×異国感あふれるドーナツショップという掛け合わせから生まれるわくわく感

お邪魔します~!テイクアウトショップの目の前にあるカフェもとってもアンティークで可愛いですね…!本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします。この空間は、家具店を経営している姉夫婦がプロデュースしたものなんですよ!

ええ!素敵ですね…!早速ですが、どうしてこの場所にお店を構えようと思ったのでしょうか?

オープンから今年で10年目になりますが、当時の宇都宮市は個人店が少なくって。高校を卒業してからずっと都内にいたので、戻って来たときは「すごく静かで寂しいな」と思いました。同時に「面白さが足りないな」と思い、「いま自分にできることでわくわくすることを提供したら、みんなにもきっと喜ばれるんじゃないか」と、これまで培ってきたパティシエとしての経験を活かすことに決めました。

それで何をやろうか考えていた時に、長年イギリスに住んでいた姉夫婦が家具屋だったこともあり、「古い商店街の中にあるヨーロッパテイストのアンティークなドーナツショップなんて意外と面白いんじゃない?」と思いつき、早速行動することにしました。

えー!思いつきで…!?

よく「ドーナツが好きなんですか?」と聞かれるんですけど、初めて作りました(笑)

どうしてドーナツを販売することにしたのでしょうか?

最初は焼き菓子を販売しようかなとも考えていたのですが、ドーナツの持つオープンな感じが好きなんです。色々な世代の人に愛されているお菓子の代表格というか。

そこで、小さなお子さんからお年寄りの方まで食べられるよう、「厳選した素材を使った油っぽくないドーナツを販売したらきっと喜んでもらえる!」とふと閃いたんです。

ドーナツと聞くと油っぽいイメージを持っている方も多いかと思いますが、dough-doughnutsのドーナツは厳選した身体に優しい素材を使っているので、何個でもさらっと食べれてしまう美味しさなのが特長。素材も、特徴的なテイストも、新しさを取り入れながら自分の心が動く方向にどんどんチャレンジしていく石田さんだからこそ体現できたものなのだと実感しました。気になるのは、普段どんな人が訪れに来るのか…?ということ。

ドーナツを通して、新しい文化と地場の素材の良さを発信したい

普段、どんな人が足を運びに来られるのでしょうか?

オープン当初は近隣の人が来てくれることが多かったので、「ドーナツを通して地元にない新しい文化を発信したい」という想いが強くありました。

でも最近、ありがたいことに都内など遠方から来てくれるお客さんも増えてきて、「栃木県外の人に地場の素材の良さを伝えたい」という想いも芽生えてきました。栃木県には苺を筆頭に様々な野菜やフルーツを育てている農家さんが沢山いて、直接生産者さんと顔を合わせ、完熟で新鮮な素材を入手できるということが大きな魅力です。今もオーガニック小麦、有精卵、苺、シャインマスカット、減農薬リンゴ、ブルーベリー、洋ナシ等々、多種の農家さんとお付き合いさせていただいています。

取材中にも、幅広い年齢層のお客さんが足を止め、店内に入っていく姿が見られました。平日の午前中にも関わらず、多くのお客さんで賑わっていてびっくり!丁寧に素材に向き合い、こだわっているからこそ、沢山の人に愛されるドーナツが出来上がるんだなあと心から実感しました。

日常の中に、ちょっとしたわくわくと心の潤いを。

今、どんなことを大切にお店を経営されているのでしょうか?

まずひとつ目に、純粋にお菓子が好きだという想いです。

例えば、ふと入ったお店で食べたデザートから意外な素材の組み合わせを発見したりすると、気分がスコーンと上がっちゃうことが時々あって。私にとってスイーツは、一瞬で世界を変えちゃう力があるものなんです。みなさんに少しでもそんな体験を感じてもらえればと、お店のコンセプトを「ささやかな日常に甘いわくわくと幸せを。」にしました。この想いを軸に、素材や味はもちろん、空間づくりやドーナツの見せ方にもこだわっています。


この時に大切にしていることは、「自身が楽しい気持ちでいるかどうか」と「自身が美味しいと思えるかどうか」。これは私だけじゃなく、働いているスタッフにも共通することです。美味しい・楽しいという感情を忘れてルーチンワークで同じものだけを作っていると、味気ないものになってしまうんです。


ふたつ目に、添加物をなるべく使わず、体に良い素材、安心して食べられる素材を選んで使っているということです。旬の野菜や果物を使い、季節感を感じてもらえるようなメニューの提案も心がけています。

「美味しい」「楽しい」「好き」という純粋な感情を大切にするからこそ、人や身体にとって“本当に良いもの”が作れる。そう語る石田さんが続けます。

コロナ渦の今…。日常にちょっとした心の潤いを与えてくれるスイーツの存在はとても重要だな、と再認識しています。そういった観点から、お店を続けていくこと自体に以前よりも大きな意味と喜びを感じています。

不安定な今の時代、心の潤いってとても大切ですね…!

見た目の美しさにこだわりつつ、身体にも心にも安心安全なドーナツを作る工程には並々ならぬ努力が詰まっているんだ、とショーケースにちょこんと並べられた愛らしいドーナツたちを見て思いました。今までで大変だったことやその中での気づきなどは他にもあるのでしょうか…?

“人”の影響を受けて、お店は変化する

どうだろう…。いつも目の前のことに精一杯で忘れちゃうって感じだけど(笑)。でもお店をやってきて気がついたことは、やっぱり一番大切なのは“人”だということ。スタッフはもちろん、お客さんやご近所さんなど、関わってくれた全ての人の影響を受けてお店は変化していきます。

それに私は、一人で仕事をするよりも人と一緒に仕事をする方が好きなので、お店を経営している一つの大きな意義にもなっています。今は大勢のスタッフがいるわけではないので、一人ひとりの存在がすごく大切です。「どうしたら同じビジョンを共有してやりがいを持って成長してもらえるのか…」ということは日々考えています。

確かに、今ここにいる人の持つ雰囲気でも、お店の空気感は変わりますよね(人ってやっぱり大切なんだなあとしみじみ)。石田さんが働いていて「嬉しい」と感じる瞬間はどんな時でしょうか?

考えたアイデアが形(スイーツ)になって、お客さんから喜んでもらえたときがやっぱり嬉しいです。カフェで出しているパフェは7-8年間ずっとひと月ごとに変えていて、ドーナツもここ2年間くらいはひと月ごとに新しいフレーバーを出してるかな。

すごく早いスパンで新商品を出しているんですね!どうしてそんなに沢山のアイデアが生まれるのですか!?

常に頭の中で考えていますね。色々なものを食べて、新しい食材を蓄積しておいて、組み合わせたりかけ合わせたりしています。最近では、ドーナツの枠を超えて、不定期で作るエクレアやロールケーキ、焼き菓子なども人気が出ています。今後は、もっとスイーツのバリエーションを増やしていきたいです!

様々なスイーツが楽しめちゃうのはとっても素敵ですね…!カフェもあるので、見た目も空間も味も、体験をまるっと楽しめるドーナツショップはすごく新鮮で面白いです。

これから、どんな人とともにお店をより良くしていきたいですか?

同じ目標を持って共に働ける人がいいですね。そして、新しいことにも前向きに好奇心を持って取り組んでいける、フレッシュな人だとなお嬉しいです!

一昨年、広い厨房を備えたテイクアウトショップをオープンしてからドーナツの生産量が上がり、大口の注文や百貨店の催事などにも対応することができました。今は社員・アルバイトスタッフ合わせて6~7名で運営していますが、仲間を増やし、より多くの人に私たちのスイーツを届けたいと思っています!

現役社員の桐花さんにも「本音」をお聞きしました!

いきなりの申し出にも関わらず、快くインタビューを引き受けてくれた現役社員の桐花 春華(きりはな はるか)さん。桐花さんは社員となり今年で3年目。現在はドーナツの製造業を中心に、メニューの提案や商品開発、販売までを含めた幅広い業務に携わっています。にこにこと優しい笑顔が印象的な温かな方でした…!早速、お話を聞いてみましょう。

いきまりすみません!現役で働いている社員さんのお話が聞けるとのことで、ぜひお聞きしたいです!よろしくお願いします。

よろしくお願いします!(ちょっと緊張)

まず、どうしてdough-doughnutsで働こうと思ったのでしょうか?

初めてここに来たのは高校生の頃で、その時に食べたドーナツにすごく衝撃を受けたんです。「毎日食べたい安心おやつ」というコンセプト通りの味がして、とても感動したことを覚えています。それから何年経ってもその時の記憶が忘れられなくて。

以前はケーキ屋さんで働いていたんですけど、製造メインでお客さんと全く話すことなくひたすらケーキばかり作っていたんです。「これってなんのために作っているんだろう」という疑問がふと浮かび、色々考えているうちに、「やりがいの感じられる仕事がしたいな」と思うようになりました。

そこで、お客さんと接しながらも一つ一つ手作りのこだわったドーナツを販売しているdough-doughnutsで働き、「高校生の頃に感じた感動を色々な人に伝えたい」という想いのもと、転職することにしました。

高校生の頃からずっと忘れられなかった味を作る側になったなんて、とても素敵ですね。今、どんな想いで働いているのでしょうか?

「どんなドーナツを作ったらお客さんに喜んでもらえるかな」ということをいつも第一に考えています。自分が食べたいものや季節にあったものを作るだけでは、やっぱりドーナツ自体に想いが乗らないというか。お客さんの気持ちを考えて作ったほうが楽しいし、より良いものが作れるような気がします。

働く上でのやりがいや嬉しいと感じることはどんなことでしょうか?

自分で考えたドーナツが初めて商品化されたときはすごく嬉しかったです。それ以上に、それを食べたお客さんが「あのドーナツ美味しかったよ」と言ってくれたときが一番嬉しかったですね。その積み重ねですごくやりがいを感じるようになりましたし、パティシェの経験がとても役に立っています。普通のお店だと若いうちから商品開発に携わることが難しいケースも多いかと思いますが、dough-doughnutsでは自分で考えたものを形にできる、というところも魅力のひとつだと思います

一緒に働きたい人とはずばり、どんな人ですか?

ドーナツが好きな人、食が好きな人です!
お客さんに食べてほしい、自分が食べたいという強い想いがある人だったら、一緒に働いていてきっと楽しいだろうな、と思います。

ありがとうございました!!

これまでのドーナツの概念から離れ、新しいスイーツの形としてのドーナツを提案し続けるdough-doughnutsは、外見のお洒落さや愛らしさ以上に、時代の先を見つめる多くのセンスが光っていました。

まあるいカタチが体現するように、心の身体も満たしてくれる、優しい味わいの自然派ドーナツ。

気になった方は、dough-doughnutsで人に愛され、人を愛すドーナツを一緒に作ってみませんか?

厳選した素材の良さがまるごと味わえるドーナツはとても新鮮なので、ぜひ一度、足を運んで食べてみてください◎(カフェの店内もすごく可愛いので、ゆっくりお茶をしに行ってみることもオススメです!)

公式HPはこちら
Instagramはこちら
Facebookはこちら

求人情報について

求人職種菓子製造
業務内容ドーナツの製造・メニューの企画・提案・(店長候補)
雇用形態正社員
給与・月給190,000円~300,000円
※能力に応ずる
採用予定人数1名
応募資格・条件特になし(菓子製造・パン製造経験者優遇)
勤務地栃木県宇都宮市西3-2-5
勤務時間8:00~19:00の間 シフト制
※休憩あり
休日・休暇毎週月曜日・第一火曜日 他1日 夏季休暇・年末年始休暇10日程度 
福利厚生雇用保険・労災保険
応募書類履歴書・職務経歴書

ご応募・お問い合わせはこちら
ishida@dough-dough

興味を持った方、ここで働きたい!と思った方は、ぜひお気軽にご連絡ください。ご連絡いただく際に、「あしかもメディアの求人情報を見ました」とお伝えいただけますと嬉しいです。