1. HOME
  2. 学生の声
  3. 曇り空の中でも、自分を成長させていく。ー東京農業大学/野辺翼さん
学生の声
インタビューを受ける野辺さん

曇り空の中でも、自分を成長させていく。ー東京農業大学/野辺翼さん

学生の声

今回インタビューを受けてくれたのは野辺翼さん。高校入学時は勉強が嫌いだった。しかし、友達と競って勉強をすることが楽しくなり大学進学を目指し、今年から晴れて大学生に。大学のリモート授業での「哲学」に関する授業をきっかけに物事を深く考えるようになった。そんな翼さんのこれからを伺いました。

プロフィール

野辺翼
東京農業大学 国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科 1年生

実家は梨農家で高校は農業科卒。地元宇都宮だけの世界ではつまらないと思い東京農業大学への進学を決めた。

これがしたいと思った事柄に挑戦し続けたい。ー将来っていつだ?

 大学に進学してから哲学についての講義を受けたことをきっかけに将来や物事を深く考えるようになりました。これから自分は何がしたいのだろうと考えた時に、「これがしたいと思った事柄に挑戦し続けたい」と思いました。挑戦し続けるためにはやりたいことに見合ったスキルが絶対に必要だと考えます。やりたいことをするためのスキルは追いつかないくらいにたくさんあると思っています。僕が今、身に着けておきたいと思うスキルだけでも、技術的な農家としてのスキルだったり、対人系だったり、IT系と1つの分野では収まりません。分野がバラバラですが興味のあるものから次々に身に着けたいと思います。そうすれば、身につけたものの掛け合わせで自分オリジナルの物ができるんじゃないかと思っています。

 ちょっと余談ですが、今回、将来の夢は何ですかと聞かれて、将来っていつだろうと考えてしまいました。将来って漠然としすぎていると思うんです。極端な話、小学生の時に見た夢って18歳で叶えることができるのも普通にたくさんあるなと思います。でも、もう自分は19歳です。小さい頃の夢を、もうすでに叶えていてもおかしくない歳になっています。小さい頃の将来の歳に生きているのかもしれないと思うようになりました。極論、今が将来なのかもしれないです。しかし、将来は短期的で瞬間的なモノではないと考えて、これから起こることすべてが将来なのではないかという結論に至りました。それで、今回は具体的な「夢」ではなくて、これから起こること全部に向けた「夢」についてお話ししてみました。

インタビューを受ける野辺さん

なりたい大人ー変化し続ける大人になりたい

 今の時代は情報がすべての事柄に関わってくる時代だと思います。関わってくる情報を鵜呑みにするわけではなくて、ちゃんと情報をくみ取って、ちゃんと自分でも確認して、情報にあわせて最適な形に常に自分が変化し続けていきたいです。そうすれば他人にも迷惑がかからないし、むしろ他人にいい影響を及ぼすのではないかなと考えています。

変化していきたいと思った理由は自分が変化してきた感覚を知っているからです。高校に入学してから勉強するように変わったことや大学に入学してからの変化したこともそうです。実は大学に入学した後、リモート授業が続いて引きこもりすぎて精神的に病んでしまいました。しかし、哲学の授業をたまたま受けて、たくさんの事を考えるようになって知識を求めるようになって世界が広がって、前の自分よりも遥かに成長したと感じています。今の自分に至るまでの急成長はこれから誰かのためにもなると思っています。

変化していく中で間違った方向に進んでしまうこともあると思います。でも間違った方向に進んでしまっても前には進んでいて、たまたまその道が間違っていただけだと思います。間違うことを恐れないで、これからもさらに変化し続けたいと思っています。

輝き続けたい

 私はずっと輝き続けたいです。「輝く」とは、誰かに貢献することだと捉えています。自分の顔が鏡を使わないと見えないように、自分が輝いているのは自分では気づくことは出来ず、他者からしか見えないのだと思います。他者から輝いていると思われる時は、常に自分が誰かに対して本気で貢献しようと思っている時だと考えました。加えて誰かに貢献することで自分も幸せになれると思います。誰かに貢献することは直接誰かの幸せになることだけではなくて自分も幸福を感じることに加えていい気持ちになれるという研究があげられています。ヘルパーズハイと言うらしいんですが、シンプルですよね。ヘルパーズハイはビジネスをする上での信念にも当てはまりそうだなと思います。将来は私も野菜や商品・サービスを売って社会に貢献して幸せを感じて、相手もその貢献を受け取り幸せになれるようなビジネスをしていきたいです。

貢献が広がっていくことで社会も良くなる。そう信じて自分自身も輝き続けていきます。

ピースサインをする野辺さんとインタビュアー