1. HOME
  2. 学生の声
  3. 栃木にいまある、美しい自然の魅力を伝えていく。ー東京学芸大学/大久保 怜さん
学生の声

栃木にいまある、美しい自然の魅力を伝えていく。ー東京学芸大学/大久保 怜さん

学生の声

プロフィール

大久保 怜(おおくぼ れい)
栃木県宇都宮市出身
東京学芸大学 教育学部 教育支援課程 多文化共生教育コース 3年
NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク インターン生
栃木県グリーン・ツーリズムネットワーク 事務局

ーいまの活動

NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク インターン生/栃木県グリーン・ツーリズムネットワーク 事務局

挑戦する若者と若者を必要としている現場を繋ぐ『NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク』(以下ユース)でインターンシップを行っています。その中で、栃木県農政部 農村振興課さんとともに、栃木県グリーン・ツーリズムネットワークの事務局として活動しています。

インターンシップ活動を行うことになったきっかけは、ユースが運営する栃木県出身の学生向けのオンラインイベント『JIMOTO TOCHIGI THE BEST( ジモトチ・ザ・ベスト )』への参加です。そこでユースのスタッフの方に「グリーン・ツーリズムに興味がある」と想いをお伝えしたところ、インターンシップのお誘いをいただきました。

グリーン・ツーリズムに興味を持ったきっかけは、新型コロナウイルスの影響に拠るUターンです。当初は都内で一人暮らしをしていたのですが、大学2年時に授業が全面的にオンラインになり地元である栃木県に戻ってきたとき、自然の豊かさや美しさが印象的に目に映り、「この魅力をもっと多くの人に伝えたい」「美しい自然を守りたい」と強く思いました。そう思うことができたのも、一度生まれ育った栃木県から離れたということが大きく関係しているのかもしれません。そして、自然を守り魅力を伝えるという両者が実現できる『グリーン・ツーリズム1』に興味を持ちました。

ー大切にしている価値観

行動してみること・素直であることで、素敵な世界に触れられる

行動してみること」「素直であること」を大切にしています。

動いてみないと気がつけないことがあり、動いてみることで素敵な出会いが沢山生まれると思っていますそれに私は、人がとても好きなんです。人と話すことで、その人が好きなものに興味を持つことができたり多様な価値観を知ることができたりと、今まで触れたことがない世界に触れることができると思っています。

また、新しい人と出会うときには「素直である」ということを大切にしています。たとえ意見が違くても一旦受け止めてみるという素直な心でいれば、偏見を持たずにありのままを吸収でき、仲が深まるスピードも早くなります。

ー今後の歩み

イタリアに留学後、栃木県のグリーン・ツーリズム振興に貢献する

トビタテ!留学JAPAN』という奨学金制度を利用し、2022年1月にアグリツーリズモ2の発祥地であるイタリアに約1年間留学する予定です。そこで農村観光について学んだ後、栃木県のグリーン・ツーリズム振興に貢献したいと思っています。留学で学んだことを活かし、遊ぶこと自体が自ずと環境保全につながっていたり誰かの役に立っているという観光スタイルを創り上げ、多くの人に自然の美しさや魅力を伝えたいです