1. HOME
  2. 学生の声
  3. 旅の魅力を、伝えたい。ー武蔵大学/日賀野 舜さん
学生の声

旅の魅力を、伝えたい。ー武蔵大学/日賀野 舜さん

学生の声

プロフィール

日賀野 舜(ひがの しゅん)
栃木県宇都宮市出身
武蔵大学 経済学部 経済学科 3年生
(株)TABIPPO クリエイティブインターン、(株)Stapia 海外教育事業 インターン、その他多数

ーいまの活動

毎月200万人の読者が訪れる、「旅」の総合メディアでインターン

今行っている活動は、主に(株)TABIPPO クリエイティブインターン、(株)Stapia 海外教育事業 インターンです。

ーきっかけ

世界一周の夢を叶えるコンテストで「TABIPPOファン」に

大学1年生の夏にセブ島で2週間の教育実習を経験し、そのプログラムの魅力に取り憑かれ、帰国後、インターンとして運営スタッフに関わりました。また、同年11月に開催されたTABIPPOの世界一周コンテストに参加しました。そこでTABIPPOの企業文化や取り組んでいる事業に魅力を感じ、インターンとして入社することとなり、今に至ります。

ー大切にしている価値観

大切にしていることは、「感謝と挑戦」

大切にしている価値観は、「感謝と挑戦」です。感謝の想いを伝えるということはとても大切なことで、感謝の言葉をかけられたり、ありがとうの想いのこもった行動をされて嫌な気持ちになる人はほとんどいないと思います。だからこそ、「どんなに些細なことでも、感謝の気持ちを持つ」ということを大切にしています。また、「様々なことに挑戦する」ということを心がけています。なんでもかんでもやるということが挑戦の本質ではなく、挑戦した過程そのものが大切だと感じています。

ー今後の歩み

夢は、「旅・野球・教育」を軸に事業を創ること

今後の目標は、「お世話になった人と一緒に仕事をすること」 「子どもたちに憧れられる仕事をすること」です。 そのために「旅・野球・教育」を軸にした事業を創りたいと考えています。今の夢ができたきっかけは、活動を通して出会ってきた大人たちが、夢に向かって一直線に行動していた姿を見たから。そういった環境で活動してきたことにより、「旅・野球・教育」という軸ができ、やりたいことが明確になってきました。具体的には、ゲストハウスやカフェをデザインして挑戦する環境を創ったり、 高校球児を海外に連れていき視野を広げたり、野球の認知拡大と野球人口を増加させる活動をしていきたいです。