1. HOME
  2. とちぎのシゴト
  3. 〈求人〉「海なし県に港を作る」!固定観念を捨て、時代の変化を楽しみながら事業を創る“株式会社ユーユーワールド”とは?
とちぎのシゴト

〈求人〉「海なし県に港を作る」!固定観念を捨て、時代の変化を楽しみながら事業を創る“株式会社ユーユーワールド”とは?

とちぎのシゴト

いきなりですが、皆さんは「国際物流」と聞いてどんな仕事をイメージしますか?

国内外の物を流通させる物流の仕事は、私たちにとってあまり馴染みのない仕事のように思えます。

しかし、今あなたが身につけている洋服も、履いている靴も、口にしている食べ物も、国内外の様々な工場から運ばれてきたものがほとんどです。見渡すと、国内外の工場で作られた商品がそこかしこに存在し、それらの商品が私たちの生活を支えているということに気づかされます。

そして、このように私たちの生活に密に結びついている物流業は、国内外に商品を輸出入するために海に面している場所で営まれることが多い業種だということが特長としてあります。

「じゃあ、海がない地域では物流の仕事はできないんだ」

私は真っ先にこんなことを考えてしまいました。生まれ育った栃木県にはもちろん海はないので、「海があったら仕事の幅や選択肢も広がったのかなあ」なんてふと思っていたんです。

しかし、「海から遠い地域であればあるほど、海に関わる仕事とは無縁だ」となんとなく感じてしまっていた、そんな私の思考をひっくり返すような物流会社が、なんと海なし県代表「栃木県」にあったのです…!!

「海なし県に港を作る!」
株式会社ユーユーワールドとは?

株式会社ユーユーワールドとは、物流・貿易・販売・介護・人材という5つの多角的な事業を展開する株式会社です。

会社HPはこちら

「ユーユーワールド」という名前の由来は、友、遊、優など良い意味の言葉が多い「ゆう」を用い、心に余裕とゆとりを持ち、広く世界に向けて事業展開する会社でありたいという想いから。

そんなわくわくの詰まった会社について知るべく、専務取締役 小川 拓矢(おがわ たくや)さん、営業企画推進 関根 博人(せきね ひろと)さんにお話を伺ってきました!

海なし県で感じた「物流」の可能性

ーなぜ、海なし県である栃木県で「物流」の事業を展開しようと思ったのでしょうか

僕の父親(現社長)が、株式会社ユーユーワールドを立ち上げました。設立にあたり、「栃木県は海がない割に海外との物のやり取り(物流)が多い」という点に着目しました。

なぜ多いのかというと、栃木県には日産やカルビーなどの大企業の工場がたくさんあるから。そのような企業では、安定した価格で良い商品を作るため、入手性やコスト面を考えて国内外問わず材料を入手しているため、海外から栃木県に材料などが多く運ばれているのです。また、完成した商品も栃木県から海外に多く運ばれ、販売されているのです。

ただこれまでは、海外との物のやり取り、いわゆる「国際物流」の仕事は東京や横浜の港で行われることが多く、栃木県内の企業で行っている会社はありませんでした。そこで、「もったいない」という気持ちが生まれ、「海なし県である栃木県でも物流の事業をやろう!」ということになり、「海なし県に港を作る」というスローガンを掲げ、物流業を始めました。

「何でも自分の仕事にする!」
をモットーに、柔軟に事業を展開

ー物流の他にも、貿易・販売・介護・人材などの事業を展開されているとのことですが、どのようなきっかけで多角的な事業を始めたのでしょうか

物流業では、世界規格のコンテナが40フィート(長さ約12m)にもなります。その大きなコンテナで運ばれてきた多くの荷物を積み下ろす作業には、多くの人手が必要です。始めは人材派遣会社に手配していたのですが、「これって自分たちでできるじゃん!」と。そこで、人材派遣事業を始めました。

そして人材派遣事業を始めた時に、一人の社員から「介護の仕事がしたい」と言われました。「どうして?」と聞いたら、「家でおじいちゃんとおばあちゃんの面倒を見なければいけないので仕事の時間がつくれない、というような『家族の介護』が理由で困っている人が意外と多いんです」とのこと。

事実、当社の社員や人材派遣スタッフの中にも家族の介護で困っている方がいて、世の中には同じように介護で悩んでいる方が多くいるのだということを実感しました。また、私自身も祖母が認知症になってしまった時に家族全員で苦労しながら面倒を見たという経験があり、とても大変だということは良く分かっていたので、「それなら安心して家族の介護をプロに任せるしくみをつくろう」と介護事業を始めました。

ー介護事業まで!外部に任せるのではなく「なんでも自社でやろう」という姿勢がすごいですね!

社長はよく、「何でも自分の仕事にしろ」と言っています。

物流業を行っていると、栃木県内の業者から「海外に商品を売っていきたい」という話をいただく機会がよくあるですが、商品を作っている業者の中には「英語での商談ができない」という方も多いのが現状です。そこで、当社が依頼主の代わりに海外で行われる食品フェア等に出展し、海外のバイヤーたちと商談を行うようになったのが貿易業の始まりです。

その際に海外の人から貰った意見を依頼主にフィードバックしするという仕事を通し、当社にも様々なノウハウが蓄積されました。そんな時にふと、「栃木県ですごく売れている名産品ってあまりないな」と思い、「全国的に知れ渡っているお土産商品を自分たちで作れないだろうか」と餃子を食べながら考えていたところ、酢と醤油のタレに餃子の具が残っている光景を見て、「これってご飯にかけたら美味しいよね」ということに気がついたんです。そこで、栃木県の名産品である餃子を基にした「ご飯にかけるギョーザ」という商品を開発しました。こうして販売事業が始まり、5つの事業を展開することになりました。

ー本当に0から、何でも自分たちで作られているのですね

「なんでも屋」が当社の売りですからね(笑)

「栃木を売る」ということが当社のもう一つの使命です。海なし県で物流の仕事を行いつつ、そこで得た海外との接点を活かし、栃木の特長を海外に広められたら良いなと思っています。

栃木で唯一!
世界基準の品質保証「AEO」の保有と「トータルオペレーション」にこだわり

ー中でも一番力を入れている事業は何でしょうか

一番力を入れている事業はやはり「物流」です。基本的にはBtoBで、企業さんに依頼された様々な物を国内外問わず運ぶという作業を行っています。物流と聞くと日常生活との接点は見えにくいのですが、物流の仕事がないと私たちが普段送っているは難しくなってしまうので、知れば知るほど奥が深い世界です

いまここにあるコンテナには、全国の学校に配布される上履きなどが入っています。世界規模で仕事をさせていただいているので、輸入だけでなく逆に当社から海外に輸出することもあります。運ぶものは機械だったり食品だったり、本当に様々です。「これだけ」というものが当社にはなく、お客様に「運んでください」と言われたら、基本的には「何でもやる」。分かりやすく例えると、どんなものでも箱詰めして手元に届けてくれる宅配便が大きくなったようなイメージです。

ー物流業をする上でのこだわりや独自性について教えて下さい

「トータルオペレーション」だというところです。物流業者では普通、倉庫管理だけ、運送業だけなど業務内容によって分かれていますが、当社ではトラックの運送、荷物の積み下ろし作業、倉庫整理・管理などの作業をすべて一括して行うことができます。

具体例でいうと、コロナ対策で病院にマスクやガウンなどを配布するという仕事を、とある自治体から依頼されました。当社の倉庫で様々な医療物資を集め、必要な物をピッキングし箱詰めを行い、各病院までお届けするというところをトータルで行っています。

ー時代のニーズにも合わせて柔軟に対応してくれるのですね。他にもユーユーワールドさんならではのこだわりや独自性はありますか

物流業界の中でも限られた企業さんしか取得できない「AEO」1という資格を保有していることです。「AEO」は、一定の高水準のコンプライアンス、いわゆる法令順守ができ、なおかつ高いセキュリティ管理機能を持っている会社だけに与えられる資格です。これは全世界共通の資格で、栃木県の企業で持っているのは当社だけになります

「AEO」は世界基準の品質保証にあたります。以前、インド大使館の方が当社の倉庫を見られた機会があり、その際に「AEOを持っていることはすごい」と高い評価をいただきました。そういった意味でも、「AEO」の資格保有は大きな信頼に値するレベルだと思っています。

働いている社員が
「やっていて良かった」と思える仕事を

ー仕事をする上で大切にしていることはどんなことでしょうか

仕事をする上でまず大切にしていることは、「社員のみなさんがやりがいを感じられる仕事をつくれるかどうか」です。自分の仕事が誰かのためになっている、役に立ったと思ってもらえる。そんなモチベーションにつながる会社になったらいいなと日々考えています。

特に介護の業務では、デイサービスに来たおじいちゃんおばあちゃんの「今日も楽しかったよ」「ありがとう」という言葉にやりがいを感じる社員が多いです。これは人材派遣業務も同じで、人が足りない時に「なんとか間に合ったよ、ありがとう」という言葉をいただくと、「やっていて良かったな」と思われる社員が多いですね。

ー様々なお客様と関わり、様々な人の実生活に結びついている。まさに、多角的なビジネスをされているからこそですね

そうですね!一般の方から中小企業・大企業までの企業さんなど、本当に幅の広いお客様と付き合っています。

大切なことは、
人の「想い」を考えられるかどうか

ー社員さん一人ひとりにはどのようなスキルが求められるのでしょうか

業種こそ様々ですが、共通して言えることは「人が人に対してサービスを提供する仕事ばかり」だということです。PC等の機械を通して価値を生み出すのではなく、その人に対して何を提供でき、どんなことをしてあげられるのか。そういったことを考えるということが一番大切です。

だからこそ、人と話をする上で相手が何を欲しているのか、どんなことを要求しているのかといったことを考え、感じ取ろうとする姿勢が重要になってきます。

昨年入社した、若手社員関根さんの本音

ー昨年入社した一番若手の関根さん(28歳)にお聞きします。入社して良かったと思うことはどんなことでしょうか

家庭にかなり重きを置けるようになりました。僕は以前勤めていた会社から転職したのですが、以前の会社よりも残業が少なく、仕事から帰って子供と過ごす時間が増え、奥さんに負担を掛けすぎてしまうということもなくなりました。また、仕事の面でもお客さんの様々な困りごとを聞き、最善の解決方法をその都度考え、寄り添った形で解決できるので、毎日とてもわくわくしながらお仕事をさせていただいています

僕も趣味が大好きな人間なので、自分の時間を持つということはストレス発散にも大切ですよね。中学校から続けているバスケットボールを今でもやったり、プレーするだけじゃなくて小学生に教えたりしています。冬になると「雪が呼んでいる!!」とスノーボードを担いですぐ山に行っちゃうんですよ(笑)。

金曜日、小川専務に「明日はどこに行かれますか?」と聞いたら必ず「スノボ」という返事が返ってきます(笑)。

ー社内の雰囲気はどのような感じなのでしょうか

小川専務を見てわかりやすいように、トップの方がとても気さくで、一社員の僕のプライベートの話や日々の相談ごとなどにも親身に耳を傾けてくれます。年齢層は下は28歳から上は75歳と幅広いのですが、社員さん同士も和気あいあいとして楽しい印象ですね。風通しはとても良い方だと思います。

「100年生きる会社」として、
時代の変化を受け入れる

ー今後について教えて下さい

去年、「100年生きる企業」というスローガンを作りました。考えてみると、僕たちのやっている仕事は、本当に生活に密接している仕事なんです。物流も人材派遣も介護も販売も貿易も、みなさんの生活のすぐ側にあるものなので、そこの仕事はしっかりと続けていこうと考えています。そして、事業をより拡大していくために、皆さんの生活に+αで必要だと思ったものをやっていく。まさに100年間ですね。「ユーユーワールド」という名前は続けつつも、今行っている事業とは大きく変わるかもしれません。

当社は「これしかやらない」というものがなく、時代に合わせて変化を受け入れ、柔軟に事業展開できるというのが特長です。時代とともに事業も変わると、新しい世界がどんどん見えてくるかもしれません。

これからの目標としては、「株式会社ユーユーワールドとはどんな会社なのか」をより多くの人に知ってもらうことです。当社は専門職が強いため一見難しく感じられてしまいがちですが、「何をしている会社なのか」を分かりやすく具体的に体現していきたいです。また、「海なし県の物流業者」として、栃木県だけではなく日本全国に知れ渡る会社にしたいと思っています。

ーどんな人とともに会社を発展させていきたいですか

当社は海外とのやり取りが多いため、目の前にある物事や自分の住んでいる土地のことだけでなく、もっと広い視点で物事を見れる人、興味関心の幅が広い人と共に会社を発展させていきたいです。また、海外志向がある人であれば、海外の情報を敏感にキャッチでき、より良い変化が起こせるのではないかと思います。

僕は今28歳なんですけど、当社では一番若手です。このままだと永遠の新人になってしまうので、若いフレッシュな人がいてくれたら嬉しいかなと思います。新しいことにどんどんチャレンジしたい!と思える人が入社してくれたら、僕も積極的に色々なことを教えますし、共に社会をより良くしていきたいです。

時代の変化に合わせ、足元にある課題を拾い上げ、柔軟に事業を展開する「株式会社ユーユーワールド」。

一つの事業に特化しないからこそ得られる、様々な人の実生活との結びつき。ゆえに見落としがちな課題やニーズを真に捉えることができ、多くの人の喜びや笑顔につながっていくんだと確信しました。

そして、多様な事業を展開しつつも、一つ一つの事業には、積み上げられた努力に応じた唯一無二のスキルと精度が宿っていました。

もし、この記事を読んだあなたにわくわくする気持ちが芽生えたなら、「100年生きる会社」として常に新しいチャレンジ精神を忘れない「株式会社ユーユーワールド」の仲間に入り、共に社会をより良く、より楽しく変化させてみませんか?

現在、共に働く仲間を募集中です。

新しいことに挑戦することが好きな人、多様な事業に触れてみたい人、斬新でユニークな発想に魅力を感じる人。

独自の発想で社会を、世界をよりよくさせていきたい“あなた”のご応募を、「株式会社ユーユーワールド」はお待ちしています。

求人情報について

求人職種物流業(国際物流)
業務内容貿易業務・物流業務・倉庫作業・他
雇用形態正社員
給与・月給210,000円 ~ 220,000円
採用予定人数3名
応募資格・条件学歴:高卒以上
必要な資格・経験等:不問
勤務地栃木県宇都宮市・群馬県太田市
勤務時間8:30 ~17:30
休日・休暇週休2日制   
※第1土曜日のみ出勤
福利厚生資格支援制度有り・制服支給・駐車場無料
選考方法書類選考・面接
応募書類履歴書(写真貼付)・職務経歴書
備考賞与:年2回・退職金制度有り・長期連休有り
メッセージ横浜税関許可のAEO企業で働いてみませんか?

ご応募・お問い合わせはこちら

電話:028-664-3007
メール:info@yuuyuuworld.com

興味を持った方、ここで働きたい!と思った方は、ぜひお気軽にご連絡ください。ご連絡いただく際に、「あしかもメディアの求人情報を見ました」とお伝えいただけますと嬉しいです。